免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

三菱新型eKワゴンが3月28日発売!フルモデルチェンジでマイルドハイブリッド搭載

三菱 eKワゴン/eKクロスが2019年3月28日にフルモデルチェンジして発売決定!新型eKワゴンはマイルドハイブリッドが設定される可能性も。SUVスタイルやEVも登場か?新型ekワゴンに関する最新情報をお届けします。

【最新情報】新型eKワゴン フルモデルチェンジで3月28日発売

日産自動車、三菱自動車工業、NMKVは3月14日に三菱「eK ワゴン」「eK クロス」、及び日産「デイズ」「デイズ ハイウェイスター」の発表会を開催しました。これらのモデルはいずれも3月28日発売されます。

現行のeKワゴンは、日産と三菱の共同会社「NMKV」で企画開発が進められてきました。しかし、今回のフルモデルチェンジではこれまで三菱主導だった開発が、今回の新型からは日産に変更。そのため、新型eKワゴン/eKクロスは、日産色の強い改良や装備追加が行わます。

三菱の軽トールワゴン「eKワゴン」とは?

eKワゴン

eKカスタム

現行のeKワゴンは、2013年から販売されている軽トールワゴンで、日産 デイズとの兄弟車です。「eKワゴン」という車名としては3代目。初代と2代目は日産 オッティを兄弟車にもつ、セミトールワゴンでした。

3代目eKワゴンはコンパクトな車体に、ガソリンモデルの軽トールワゴンではトップクラスの低燃費を実現。ヒルスタートアシストやブレーキアシスト、車線逸脱警報システムなどの安全装備も採用しています。

また、eKワゴンシリーズにはノーマルの「eKワゴン」、スポーティなカスタムモデルの「eKカスタム」があり、eKカスタムはデイズのグレードでは「デイズ ハイウェイスター」にあたります。

新型eKワゴンはダイナミックシールド採用のデザインに

三菱新型eKワゴン

新型eKワゴンのスクープ画像

三菱 デリカ D:5

新型eKワゴンは、現在の三菱のフロントデザインアイコンである「ダイナミックシールド」が採用されたデザインです。

最近発表された三菱の新型車では、デリカ D:5のデザインが話題です。新型eKワゴンの軽自動車ながらダイナミックシールドを採用したフロントデザインは、デリカのようにワイドでアグレッシブな印象になるでしょう。

新プラットフォームにより車内空間拡大?

三菱 eKワゴン インテリア

現行型 eKワゴン インテリア

新型eKワゴンのインテリアに関する情報は現在のところありませんが、新開発の軽量プラットフォームを採用し、ボディサイズに関してもホイールベースが長くなるといわれています。燃費を向上させつつ、居住空間や荷室スペースの拡大が期待されるでしょう。

新開発パワートレーン&マイルドハイブリッド採用で燃費アップ

新型eKワゴンには3気筒エンジン+電気モーターのマイルドハイブリッドを採用します。その場合、燃費は30km/Lを超えることも期待できます。新型エンジンはルノーが基本設計を担当し、日本国内で部品調達および製造が行われるとのこと。

そのほか、ターボモデルについてもターボエンジンのブラッシュアップにより、高い走行性能と燃費性能を両立させると予想されます。

三菱なのに「プロパイロット」搭載の可能性は?

新型ekワゴンには、三菱版プロパイロット「MI-PILOT(マイパイロット)」が採用されます。今回のフルモデルチェンジは日産主導で行われることから、三菱 eKワゴンに「プロパイロット」のようなシステムが採用されるのではという噂は、以前から出ていました。

日産の運転支援システム「プロパイロット」は、ノートやリーフ、エクストレイル、セレナ e-POWERなどに採用されている先進装備です。三菱のマイパイロットも同様に、同じ車線での走行を自動運転機能により、ステアリングや車速を調整してサポートします。0-25km/hの渋滞時でも停止、再発進が可能。また、白線を認識してレーン中央部を走行してくれます。

日産 プロパイロットについてはこちら

SUVスタイルの「eKクロス」も登場!

三菱新型eKクロス

新型ekワゴンシリーズでは、SUVスタイルモデル「eKクロス」がラインナップしています。これに伴い「eKカスタム」はラインナップから外れました。

新型eKクロスについては以下記事で詳しく解説しています。

新型eKワゴンは現行より5万~10万円の値上げ?

eKワゴンはデイズよりももともと5万円ほど安い価格設定となっています。今回のフルモデルチェンジでも、この価格差は維持されるでしょう。

マイルドハイブリッド搭載グレードは、現行グレードより5万~10万円ほど値上げとなる可能性が高いですが、価格帯が大きく変わる可能性は低いと予想します。

eKワゴンの現行モデル(2WD)の最安価グレードは110万円、最上位グレードは147万円。ここから、新型の価格帯は110万円~155万円ほどと予想します。

発売日は2019年3月28日!

新型eKワゴンの発表・発売は2019年3月28日です。兄弟車であるデイズも同じ日に発売となります。

i-MiEV後継の「eK EV」も開発中か!2020年末に発売の可能性も

三菱 i-MiEV

さらに、三菱が2007年から販売しているEV「i-MiEV」の実質的な後継モデルとなる新型EVが、eKワゴンをベースに開発中という情報があります。

日産と三菱の両ブランドから発売されるというこの新型EVは、i-MIEVの164kmを超える220kmの航続距離と予想されています。三菱 i-MIEVは現在登録車ですが、eK EVがどのような登録区分になるのかは不明です。また、車名も「 i-MIEV」と「eK」どちらを踏襲するかにも注目。

ネットの情報によれば新型EVの発売日は2020年末とのこと。今後の追加情報が気になるところです。

日産の新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

WildWestAdz編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなWildWestAdz編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!