免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

軽っぽい外車3選!軽自動車規格内なのに普通車とされるモデル

コンパクトな外車には、軽自動車規格内に収まってしまうサイズのモデルも。しかし様々な理由から、普通車として登録されてしまいます。軽自動車っぽい外車をまとめました!

フィアット 500【排気量でNG】

現行のフィアット500は、2007年に誕生した3代目モデルです。日本の軽自動車規格に一番近いスペックを持つフィアット500は、1957年から製造された2代目となります。

ボディサイズは日本の軽自動車の大きさを下回っています。さらにエンジンも軽自動車規格の660ccに収まる479ccの2気筒OHVで、現在であればサイズも排気量も問題ありません。しかし、このモデルが登場した当時の軽自動車規格では排気量の上限が360cc。自動車の登録では製造当時の規格が適用されるため、2代目フィアット500は軽自動車として登録できません。

フィアット500のボディサイズ
全長全幅全高
2,9701,3201,325
ホイールベース車両重量乗車定員
1,8404704
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

現代のフィアット 500に関するおすすめ記事はこちら

ミニ(クラシックミニ、BMCミニ)【排気量でNG】

現在でも多くの支持を集める「ミニ」の中で、「クラシックミニ」、「BMCミニ」と呼ばれるタイプのモデルは日本の軽自動車規格に近いスペックを持っています。

車両サイズは軽自動車の規格内ですが、エンジンの排気量が660cc以上なので軽自動車としての登録はできません。

クラシックミニのボディサイズ
全長全幅全高
3,0511,4101,346
ホイールベース車両重量乗車定員
2,0366384
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

現代のミニに関するおすすめ記事はこちら

アストンマーチン シグネット【サイズ&排気量でNG】

アストンマーチン シグネットは、「トヨタ iQ」をベースにしたアストンマーチン製のコンパクトカーです。

アストンマーチンは、トヨタから完成されたiQを輸送し内外装を手作業で交換。2013年に生産終了していますが、内装は豪華に仕上げられているため、当時の価格で400万円以上の価格でした。

全幅が1,480mmに収まっていない、排気量が1.3Lなど、軽自動車規格には収まっていませんが、非常にコンパクトなモデルです。

アストンマーチン シグネットのボディサイズ
全長全幅全高
3,0781,6801,500
ホイールベース車両重量乗車定員
2,0009884
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

アストンマーチンに関するおすすめ記事はこちら

軽自動車として登録できる外車についてはこちら

この記事の執筆者

WildWestAdz編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなWildWestAdz編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!