免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

日産新型デイズ 3月28日発売!フルモデルチェンジで軽初プロパイロット搭載

日産 デイズが初のフルモデルチェンジを行い、2019年3月28日に発売決定!マイルドハイブリッドの採用やプロパイロットの搭載はどうなる?SUVスタイルのモデルやEVデイズも開発中か。新型デイズに関する最新情報をお届けします。

【最新情報】新型デイズ フルモデルチェンジで3月28日発売

三菱自動車の水島製作所でのオフライン式にて

2019年3月14日、日産新型デイズ/デイズハイウェイスターが発表されました。

兄弟車の三菱 eKワゴンとともに、三菱自動車の水島製作所でのオフラインを迎えた新型デイズ。今回が初のフルモデルチェンジで、日産と三菱の共同会社「NMKV」で企画開発が進められてきました。これまで三菱主導だった開発が、今回の新型からは日産に変更。そのため、近年の日産の新型車に見られる変更や改良が行われました。

日産の軽トールワゴン「デイズ」とは?

現行型日産デイズ

日産 デイズとは?

デイズは日産が2013年6月6日に発売した軽トールワゴンです。日産と三菱による合弁会社・NMKVが開発を行い、現行モデルは三菱の工場で製造されています。三菱では、3代目「eKワゴン」として販売されており、デイズとは外装デザインと一部装備、グレード体系が異なります。

日産が企画段階から関った初の軽自動車であるデイズは、究極の低燃費を目指す取り組み「PURE DRIVE(ピュアドライブ)」に基づいて開発されており、JC08モードで25.8km/Lという優れた燃費性能を発揮可能です。

スタンダードモデルのデイズと、スポーティモデルのデイズ ハイウェイスターが存在します。

これまでのモデルチェンジ遍歴
2013年6月6日
デビュー初代デイズ発売開始
2014年7月3日マイナーチェンジ・パワートレインの改良・バッテリーアシストの追加・ボディカラーの追加・アンテナの変更
2015年10月22日マイナーチェンジ・安全装備の強化・エンジンの改良・内外装の変更・ボディカラーの追加
2017年1月26日マイナーチェンジ・快適装備の強化・価格の改定・内装の変更・ボディカラーの追加
2018年5月28日マイナーチェンジ・歩行者検知対応などの安全装備の強化・ボディカラーの追加

日産 デイズの特徴とは?

・ガソリンモデルの軽トールワゴンでトップクラスの低燃費
・躍動感あふれるエクステリア
・上質なインテリア
・行動の幅を広げる便利な先進装備

日産 デイズの販売台数と人気は?

日産デイズの販売台数は2018年1月から11月までの累計で13万1299台。前年の同期間の累計が128226台であり、発売から5年以上が経過した現在においても販売台数が伸びていることがわかります。

軽自動車全体の販売台数ランキングに置いても、2018年11月時点で4位を記録しており、その高い人気を示しています。

新型デイズはVモーショングリル採用のデザイン

新型デイズ ハイウェイスター フロント

現行型 デイズ ハイウェイスター フロント

日産新型デイズのテスト車両 リア

現行型 デイズ ハイウェイスター リア

発売以来大きなデザイン変更を受けていなかった日産デイズ。新型は現在の日産のデザインアイコンである「Vモーショングリル」が採用されており、現行のデザインを維持しながら現代のコンセプトを織りませたものになっています。

新プラットフォームにより車内空間拡大

新型デイズ インテリア

現行型 デイズ ハイウェイスター インテリア

新型デイズのインテリアは、同様に現行型のコンセプトを維持。新開発の軽量プラットフォームを採用し、ボディサイズに関してもホイールベースが長くなるといわれています。その場合、燃費を向上させつつ、居住空間や荷室スペースの拡大が期待されます。

マイルドハイブリッド採用で燃費が30km/L超えに?

現行型 デイズ

次期型デイズは3気筒エンジン+電気モーターのマイルドハイブリッドが採用されます。さらに、新型エンジンはルノーが基本設計を担当し、日本国内で部品調達および製造が行われるとのことです。

現行型デイズのパワートレインには、バッテリーアシストシステムを搭載した、直列3気筒のNAエンジンとターボエンジン(ハイウェイスターのみ)が設定されています。しかし、ライバルの軽自動車に比べて出力で劣っており、軽自動車でも走行性能を重視したいユーザーのニーズに答えるのが難しい状況でした。

そこで、ターボエンジンのブラッシュアップや、モーターでアシストするマイルドハイブリッドの採用などでパワーを見直し、高い走行性能と燃費性能を両立させると予想されます。燃費は30km/Lを超えることも期待できます。

現行型デイズのエンジンラインナップ

日産 デイズ エンジンラインナップ
・660cc 直3 ガソリン(2WD)
・660cc 直3 ガソリン バッテリーアシストシステム(2WD/4WD)
・660cc 直3 ターボ ガソリン バッテリーアシストシステム(4WD)

現行型デイズのエンジンスペック・燃費

デイズ(NA車)デイズ ハイウェイスター(ターボ車)
エンジン型式3B20
最高出力36kW [49PS] / 6,500rpm
47kW [64PS] / 6,000rpm
最大トルク59N・m [6.0kgf・m] / 5,000rpm
56N・m [5.7kgf・m] / 5,500rpm(バッテリーアシスト無し)
98N・m [10.0kgf・m] / 3,000rpm
JC08モード燃費25.8km/L(2WD)
22.0km/L(4WD)
23.0km/L(2WD・バッテリーアシスト無し)
21.8~23.2km/L(4WD)

運転支援システム「プロパイロット」搭載はどうなる?

《参考》日産 セレナのプロパイロット 作動イメージ

日産の運転支援システム「プロパイロット」は、ノートやリーフ、エクストレイル、セレナ e-POWERなどに採用されている先進装備です。

日産は「軽自動車初の同一車線運転支援技術を採用」と発表。新型デイズにおいては、0-25km/hの渋滞時でも停止、再発進が可能な機能ということです。また、白線を認識してレーン中央部を走行してくれます。

日産 プロパイロットについてはこちら

SUVスタイルの「デイズ クロス」の登場も?

新型デイズシリーズでは、従来通りノーマルモデルの「デイズ」およびカスタムモデルの「デイズ ハイウェイスター」がラインナップしています。

昨今のSUVスタイルの軽自動車人気を受け、ハスラーやスペーシアギアに対抗するかたちで「デイズ クロス」とされるSUVスタイルモデルが設定されると予想されていました。

現状、クロスオーバータイプと公式発表があったのは兄弟車である「eKクロス」のみ。新型デイズのクロスオーバータイプについてはまだ情報がありません。

新型デイズは現行より最大10万円アップ?

新型デイズの価格は、エントリーグレードはさほど変更がなさそうですが、マイルドハイブリッドモデルやプロパイロット搭載モデルなど、装備の充実した上位グレードは、現状よりも5~10万円ほど値上げされる可能性があります。

現行モデル(2WD)の最安価グレードは115万円、最上位グレードは152万円ですから、新型デイズの価格帯は115万円~165万円になると予想します。

発売日は2019年3月28日!

現行型 デイズ

新型デイズの発売日は2019年3月28日です。また、兄弟車である三菱 eKワゴン/eKクロスも同日に発売となります。

さらに、新型デイズ/新型eKワゴン発売の約1年後には、両側スライドドアを採用したデイズルークス/eKスペースもフルモデルチェンジされる可能性があります。

デイズEVも開発中か!2020年末に発売の可能性も

三菱 i-MiEV

さらに、デイズからEVモデルが登場するという情報があります。デイズと同じプラットフォームをベースにした新開発EVで、三菱が2007年から販売しているEV「i-MiEV」の実質的な後継モデルになるといわれています。

三菱 i-MIEVは現在登録車ですが、デイズEVがどのような登録区分になるのかは不明です。日産と三菱の両ブランドから発売されるという新型EVは、i-MIEVの164kmを超える220kmの航続距離と予想されています。

ネットの情報によればデイズEVの発売日は2020年末とのこと。今後の追加情報が気になるところです。

日産の新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

WildWestAdz編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなWildWestAdz編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

www.best-cooler.reviews

www.oncesearch.com

https://baden-medservice.com